DJ TooGoood🇯🇵のLove Music❤️

Music makes me High❤️I wanna be your favorite DJ🎶🎼

Let's get some

お題「#おうち時間」

 

ようやく緊急事態宣言が解除されましたが、

Covid-19とは何だったのでしょうか?

自粛、自粛、自粛で解除された途端に仕事先から

Zoom以外での再開の連絡。良かった!

最近では自宅でのWorkoutやJoggingなど体が絞れて

筋肉もつきました。

https://www.instagram.com/p/CAbryEOgx_S/

 

 

 Grand Canyonからの日の出

https://www.instagram.com/p/B-odWQXAQBI/

 

日本も新たな夜明けが訪れるといいですね。

音楽制作は気分が乗らずにのらりくらり

してましたが、夏までにリリースを

頑張ると決めていたので、

後2ヶ月は勝負の時で何とか頑張りたいです。

 

今日、オンライン英会話をしていて

フィリピンのセブはロックダウンと

いうことでCovid-19についての話になりました。

その子はセブに住んでるそうなのですが、ビーチには

行けないそうです。後、大阪や東京、北海道の対応について

聞かれたので、英語で政治の仕組みや何やらを

説明しました。

 

日本はまだ保証があるだけいい方かもしれません。

 

また、グルジアに住んでいて、色々話している友人がいるのですが、

保証はなし、経済活動も最近まで日本同様止まってロックダウンしていて、

外出は夜の9時まで、罰金あり、集会や運送関係以外の車両制限もある。

最近解除になりつつあるということでしたが、食糧などはあるそうで

良かったです。

 

日本はゆるーいロックダウンでしたが、この先どうなるかは

ワクチンが開発され、定着するまで誰もわからない状況で、世界をみると

日本は平和だなと痛感します。

 

最近はSNSでの誹謗中傷が問題になってますが、どの世界でも

目立てば注目を集めるし、Haterは覚悟しないといけない世界で、

命を絶ったのは、どんな理由であれ悲しいことですが、

若いから覚悟が足らなかった、

もしくはプレッシャーを笑い飛ばせなかった

のかもしれませんが、もっと根深い闇があると思いました。

 

アーティストにアヴィーチー(Avicii)というスウェーデン人の

EDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)の

大御所が若しくて過去に命を絶っていますが、

その時は天才ゆえの葛藤やお金がたくさん

あって、ロマンスもたくさんできて、

何不自由ないはずなのに、どうして?と疑問を持ち、

凄く悲しくなりましたが、彼は世界的なアーティストでした。

 

Waiting For Love

Waiting For Love

  • アヴィーチー
  • ダンス
  • Â¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

しかし、

今回の日本の子のケースは少し違うと感じました。

そこまで裕福じゃなかったと思うし、

20前半で、多分、誹謗中傷に本当に心を痛めていたから

亡くなってしまったんだと感じました。Rest In Peace

 

本質を考えると、今回の日本のケースはイジメですね。

 

SNSは上手に使えば、世界が変わるアプリで

決して悪いモノではないです。

 

多分、日本のイジメで陰湿な感じの人たちがよってたかって

たまたま目立った彼女を攻撃していたんだと思います。

なぜか芸能人ってだけでテレビに出たりすると

民放は無料なので皆さん勘違いされてますが、

Entertainment(芸能)はそこへたどり着くために相当の

運と覚悟と努力と実力が必要です。誰かの助けも必要です。

 

今回の件で日本の有名人がコメントしてますが、的外れで、

根本は日本のよくあるイジメ体質です。海外でもイジメは

あると思いますが、日本のは特に一言で表すなら

 

郷にいれば郷に従え、右にならえ、村八分なんかが

根本にあると考えます。人と違い、人と違う意見に寛容さがなく、

私は中学時代は厳しい公立でしたので、軍隊のようで、全くもって

校則や先生たちに全く共感できずに、周りにも合わせず、敵も作らず

でやり過ごしましたが、授業中に消しゴム一つ拾うのにも許可がいる

私からすればイカれた校則で、結局誰か動いてその校則は

撤回されましたが、はっきり言って中学3年間での公立の教育者で

尊敬できる方はいませんでした。そこで感じていたのは、

孤独とかではなく、こいつらに何言っても変わらないという

諦めだったと思います。

高校も公立だったのですが、運良く学区では自由だったので、遊び呆けて

しまいましたが、たまたま進学校に進めた結果かわりませんが、

良い友人や先生との出会いがありました。高校時代は浮きましたが、

良い思い出しかないです。留年していてもおかしくないのに

3年で卒業できました。

偏差値で高校の良し悪しは判断できませんが、進学校にも不良はいました。

カツアゲ、カンパ、パー券、喧嘩、友人が妊娠させたなどと

一年の時はいろいろありましたが、

割と上になってからは後輩とも仲良くやってました。

 

中学との圧倒的な違いは、クズがいるかいないか。

仲間や同級生を平気で売るやつとか、要はチクリ魔っていましたよね。

よく思うのが、真面目な輩こそ、自分の正義感を振りかざして

中学の時とか先生に言いつけてましたね。多分、今回の誹謗中傷の件も

ここで書く気はありませんでしたが、未成年でのタバコを吸ったとか、

酒を飲んだとか、通学中に禁止されているのに買い食いしたとか、

例えるなら中高学生のチクリ魔が

自分の正義感の判断基準の中だけで気に食わない

からって誹謗中傷していたんだと感じました。

 

どんな人が誹謗中傷してたかなんて私は全然興味がありませんが、

人が1人亡くなって、感じるのは、何でブロックしなかったんだろうです。

世の中生きていれば嫌いな人も必ずいます。別に私は横柄な態度をとられようが

気にしないし、自分が大切だから、そんな輩とはつるまないし、

相手にしないし、お金が発生している

仕事なら絶対に相手を不快させないように注意深く行動するし、

仕事でも、やんわりと態度と言葉で自分が不快な状況であっても

割り切り、何かされたら後で法に反しているなら徹底的にやり込める

くらいの気概がないとこの日本の閉鎖的な社会は渡っていけないと

感じているので、この事件でそれほど大ごとになっているのは

ネットリテラシーとか用語がありましたが、そうじゃなくて

SNSとの上手な付き合い方の若いうちの教育なんじゃないかと

思います。InstagramやTwitterは実名のFacebookとは違い、

匿名性があるので、好き勝手やろうと思えばいくらでもできます。

正直、私にはSNSは非常に有難いので、これから広告、マーケティング

に欠かせないので、辞める気はありませんが、最後にまとめるなら

 

世論や価値観は常に変化しており、自分が常にアップデートして

いかなければならないと感じます。今回の自粛で不満が私も溜まりましたが、

人にぶつけて憂さ晴らしして、挙げ句の果てにHaterは人を1人地獄に追い込み、

自分は知らん顔でIDの削除って、まるで一時期流行りましたが

アニメの転生ものがいい例で、なんか責任とらないで人生やり直せると

勘違いしている人のようで残念です。転生ものは凄いいい人生のようですけど、

今回はバット・エンディングですね。

 

最近の知識人や芸能人の浅はかな考えには、共感することはあまりないのですが、

言葉には力があり、インフルエンサーにはそれをお金や良くも悪くも

人々に注目してもらえるだけの力があるということ。

 

今回の件で誹謗中傷はいけないけど、SNSを辞めるという選択肢が

あった中、やり続けるけど、誹謗中傷は訴えますじゃ芸がないとは思いませんか。

俺のところに来いも的外れだと思います。無視 無視 無視 無視

相手にしないのが一番。世論はやたらとどうこう言いますが、一個人として

こうやってブログを更新したも気まぐれからで、一応自分の意見としては、

日本人の同調圧力(これ言ってTwitterで炎上した高校生がいた)

ではなくて、I don't careの精神が大切だと思っているので、自分の信じた

道や自分の信念を誰かに何を言われようが、気にせず貫き、例え、それが

世間とズレていても、英語だとPeer Pressureって言うけど、

自己責任論の次の課題として、もう上から下までいいかげん国民が

富裕層と低所得層に完璧に分かれている日本だから、好きなことやって

楽しんで、人に迷惑かけなければいいんじゃないと思います。

嫉妬、強欲なんてもう今の何でもできる時代には合わないと個人的には

感じます。後、責任転嫁はよくないと感じるけど、家族のために保身するのも

わかるけど、誰も責任なんてとらないから、これからはアメリカのように

バンバン訴訟して、辛い目にあったらお金で解決できる社会にして、

モラルなんてより金で幸せ買えたり、何でもできるから、泣き寝入りするなら、

Fight For Your Right って感じで個人レベルの話でも戦って勝ち取る社会

の方が健全な気がしてならない。

 

最後に彼女の死は本当に嘆かわしいし、でも、何かインフルエンサーなりに

最悪の展開を選ぶ前に行動して欲しかった。蛆虫はいくらでも湧いてくる。

だからなくならない。行動するかしないかはあなた次第。でも

DEAD WRONG 

こう言う時に芸能じゃなくて厳罰化じゃなくて、唯一お金に

変えられる弁護士先生の出番じゃないんでしょうか。

訴訟のハードルを下げないと。誰にでも平等に権利があるんだから。

 

長文読んでいただいた方

最後までありがとうございました。

 

これは私個人の見解なので批判などは一切受け付けません。

好きなことを好きに書くのがブログの良いところですから。

 

何と3800字 大学のレポートを思い出しました。